トップイメージ
私は父に連れられて清流釣りをして以来、毎年何度か楽しんで来ました。結婚してからは、家族で夏に川に出かけ、まだ小学生の子供達は水遊びをし、その傍らで夫婦で釣りをするようになっていました。 子供が成人してからは、もっぱら夫婦2人で年に数回、釣りを楽しんでいます。女性がいると、トイレの問題があり、まずこの心配がない釣り場を選んでいます。 川でのハエ釣りから始まり、管理釣り場でのあまご釣り、湖での小鮎釣りやワカサギ釣りなど、女子供でも楽しめる釣りが中心です。 最近では、地元の人が釣果をネットにアップして紹介している方もおられ、遠方から出かける私達に取っては便利になりました。 しかし、川釣りなどはちょっとした濁りで釣果が急に変ったりし、せっかく出かけても坊主と言う事も結構多いものです。 私などは、竿を出し、暫くして当りがなければ諦めてしまいますが、女房は中々諦めず、竿を振り続ける事が多いものです。女性の方が諦めが悪いのでしょうかネ。 女房は、生き餌を付けたり、魚を外すことには全く抵抗ないのですが、仕掛けだけは私に任せ切りです。老眼が進み、仕掛け作りも大変になって来たので、これからは女房にしっかり覚えてもらい、ゆくゆくは私は釣るだけの人に成って見たいものです。

リンク

Copyright © 1998 www.mylifeoverflows.com All Rights Reserved.